★一つテンヤマダイ特集

一つテンヤマダイ


テンヤにサルエビを付けて釣るシンプルで人気のマダイの釣り方になります。
道糸とハリスは直接ノットで結びます。
FGノットを覚えておくと活躍します。
釣り方は、テンヤを着低(底立ちを取る)させて糸ふけを取り
海底から離し、アタリが無ければしゃくり上げた後フォールさせるのが基本になります。
底立が取りにくい場合は、重めのテンヤを使うと良いです。

[ロッド] ひとつテンヤマダイ専用ロッド 2.2-2.5M前後
M(ミディアム)、MH(ミディアムヘビー)、H(ヘビー)の順でロッドが硬くなり
硬いロッドほど重いテンヤを扱う事が出来ます。
240MH、255MHなどがオールラウンドに使えて最初の1本におすすめです!

[リール] スピニングリール2500〜3000番
表記無しノーマル→HG→XGの順でギア比が高くなります。
高いほどハンドル1回転の巻取りが多くなりますが
ギア比が高いほど巻上げ時のトルクが落ちます。
バランスの良いHGMモデルが一つテンヤで人気です。

[道糸] PE0.6〜0.8号
[ハリス] 3号前後3M-4.5M
[テンヤ] 3〜12号
テンヤは小さなスイベルで付けるとヨリトリと交換が楽になります。



[一つテンヤマダイが出来る船宿]
千葉県川津港 良幸丸
https://ameblo.jp/ryoukoumaru/
千葉県大原港 長福丸
http://chofukumaru.com/
51