[新入荷!!] シマノ ビーストマスター キハダ 180 [4969363270023]

[新入荷!!] シマノ ビーストマスター キハダ 180 [4969363270023]

販売価格: 92,250円(税別)

(税込: 101,475円)

希望小売価格: 123,000円

特別料金: 5,995円 がかかります。

商品詳細

竿は強く短いほうがファイトしやすいものの、仕掛けを安定させにくくなります。探見丸を見ていると実感できるのですが、相模湾に入ってきたキハダは日が経つにつれてビシカゴを嫌い、ビシカゴから距離を置くようになります。そうなると船長がタナを下げるようアナウンスしたり、長めのハリスが使われるようになるのですが、何より自分がビシカゴを安定させてキハダに警戒させないことが、数少ないチャンスを生み出すために大切になります。

ビーストマスター キハダは、パワーと同時に仕掛けを安定させやすいように穂先をさらに軟らかく仕上げているのが特徴。実釣で100〜120号のビシカゴを使ったときに竿先が下を向いて跳ねを抑えます。

調子を表すと前モデルと同じ6:4調子ですが、先の4の部分はより軟らかく、細く、元の6の部分はグリップを含め、より強く仕上げられています。

強い負荷が掛かると手前から数えて2〜3個目のガイド周辺を頂点に曲がり込み、釣り人に近い位置が支点となりますので、大型キハダとのファイトで振り回されにくくなります。ポンピングではストロークで一気に距離を稼ぐのではなく、安定した短いストロークで確実に寄せるファイトに向いています。これは年々大型化している相模湾のキハダへの対応にもなります。

ブランクスについては、グラスソリッドという素材は曲がりに対して粘り強さに優れています。その良さを活かしつつ、課題であったネジレやブレによるパワーロスをハイパワーXフルソリッドにより抑制した結果、実釣では竿を曲げると戻る、つまり復元力を実感できる、魚を寄せやすいブランクスになっています。それでいて粘りとしなやかさが生かされているためハリスにはやさしい。つまり、より喰わせやすく、ファイトしやすくなった竿。それが新しいビーストマスター キハダです。

180
■6:4調子
■1ピース
リールシートタイプ
※リールシート位置:ダウンロックは竿尻からリールシート後部固定フードまでの長さです。
※ファイティングボトム装着時のリールシート位置(304+26=330mm)

メーカーページはこちらから

商品詳細

*全長(m) 1.8

Facebookコメント